株式会社シコー[繊維業]

ポリエステル糸の染色、繊維素材の付帯加工

世界に羽ばたく色を生む先染めのトップランナー

先染めとは、布になる前の糸の段階で染色をすること。シコーは、その先染めのスペシャリストとして半世紀に渡って活躍をしている企業です。同社が染めたポリエステル糸はスポーツウェアのラインテープやエンブレムなどに使用され、誰もが知るスポーツアパレルを中心に広く世界中で愛用されています。

日本の繊維業がおしなべて停滞傾向にある中で、シコーが着実に地歩を固めてこられたのには理由があります。それは、他を圧倒する技術力。数十万、いや数百万着にも上るであろうヒット商品の色合いをすべて同じにするには高度の色調再現性が不可欠で、同社がそれを実現できるからこそ世界的ブランドに選ばれ、長らく利用されているのです。

また、先染めの分野のみならず、素材加工にも進出。制菌・抗菌や撥水加工、ソフト加工など、市場のニーズに応える付帯加工にチャレンジするほか、将来は糸を使った製品の製造も視野に入れているとのこと。 〝Change and Challenge〞をスローガンに、顧客にとってのベストを常に追求しています。

さらに、スタッフをとても大切にする企業でもある点も見逃せません。新人指導にはマンツーマンで当たると同時に、資格取得を全面支援。また、社員からアイデアを募って会社経営に取り入れたり、休暇を取りやすい環境づくりに尽力したり。風通しが良くて働きがいのある職場の整備を進めています。

現在募集中の染色オペレーターは、会社の根幹をなす重要な職種。色を通して世界とつながる仕事があなたを待っています。

先輩社員の声

思い通りのきれいな色に染まった時の達成感は格別

PROFILE
橋爪 裕太さん(2019年入社)
[配属部署] 染色オペレーター
[趣味] カフェめぐり
[メッセージ]ファッションが大好きで、その素材である糸を染めるという仕事に興味が湧き、入社しました。

染色オペレーターの橋爪裕太さんは、アパレル業界からの転身組。大好きなファッションの素材である糸が、どのように染められているかに興味を持ったことが入社のきっかけとなりました。

「高圧釡に糸を入れて染めるという仕事をしています。釡から出した糸が計画通りに染め上がっていると『やった!』とうれしくなりますし、出来上がった糸の色の美しさには何度見ても感動します。染めるのに数時間かかるため、その時間を利用して他の仕事をしたり、休んだり、自分の裁量で働けるのもこの仕事の良いところですね」と橋爪さん。

また、入社5年目の新田貴也さんは、「会社がいろいろ応援してくれるのがありがたいですね。仕事に活かせるような資格であれば会社が全面的にサポートしてくれるので、入社してから玉掛けやボイラー技士などの資格を取りました。これからももっと多くの資格に挑戦してスキルを身につけたい」とやる気満々。意欲を高め、満足感も獲得できる環境整備が行われています。

各種取り組みなど

自分の提案で仕事を改善やる気を引き出す試みも

早松崇さんは糸巻き担当。顧客の要望にいかに対応するかに注力する日々を過ごし、「うまくいくとうれしいですね」と語ります。一方、中村聡志さんは入社5年目。準備工程から始まり、現在はマネジメントにも携わる毎日。

「当社の良いところは、アイデアが待遇に反映されることですね。たとえば、『こうした方が効率的では』などという提案に会社がしっかり耳を傾けてくれ、もしそれが業績アップにつながった場合は昇格・昇給が行われることもあります。

常に高いモチベーションで仕事に取り組めますし、いつも3人がチームになって仕事するので、一人で考え込むことがなく、先輩や上司に気軽に相談できるのもありがたいですね」と中村さん。

こうした取り組みに加え、有給休暇が取りやすい雰囲気であるのもシコーの特色。オン・オフを思い思いに切り替えられる環境がやる気を醸成しています。

求人情報

募集対象/新卒・中途 ※未経験者歓迎
職種/染色オペレーター
勤務時間/6:15~14:15と12:30~20:30の2交代制(入社後一週間は8:15~17:00の場合あり)
休日休暇/完全週休2日制、GW、お盆、年末年始など(年間117日、一斉年休5日含む)
福利厚生/社会保険完備、退職金制度(勤務3年以上)、家族手当、交替手当、制服支給、健康診断など
その他/慰安旅行など

企業案内

ポリエステル糸の染色、繊維素材の付帯加工

株式会社シコー
石川県白山市湊町井1-83
TEL.076-278-2320 FAX.076-278-6379
■設立/1982年5月 ■資本金/2,000万円
■代表者/代表取締役 大島 弘基
■従業員数/35名
http://www.sicoh.com/

PDFダウンロード